次回第16回研究会のご案内

「フランス近代美術-海景画と挿画本の世界」
1.日 時 :  1113日(土)14001620
2.場 所 : 一橋大学 東キャンパス 国際研究館4階・大教室
3.発 表  : 

発表1

19世紀フランスにおける海景画の変容――ギュスターヴ・ クールベを中心に」

高野詩織(一橋大学大学院博士後期課程)

 

発表2

「挿画本《パリ1937》とその時代」

柳沢弥生(北海道立函館美術館主任学芸員)

 

4.会費・参加費
会員  2016 年度年会費 3000 円(参加費込み。前回研究会で支払った方は不要)
会員以外の方も、参加費 1000 円で体験参加できます。
学生の参加は無料です。
参加希望の方は事務局artsandsociety AT yahoo.co.jp(ATを@に変えて下さい)までメールにてご連絡をいただければと思います。

 

関連情報

河村錠一郎先生の 瑞宝中綬章受章をお祝いする会を開催しました。

みなさま、ありがとうございました。

 

 <新ページ開設のお知らせ>

 

当会会員の著作等を紹介するページを新しく設けました。

 <出版記念パーティの

          ご報告>


2013年10月12日(土)の記念論文集『美を究め美に遊ぶ-芸術と社会のあわい』の出版記念パーティは、多くの皆様のご支援をいただき無事に終了しました。ありがとうございました。

<刊行のお知らせ>

 

河村錠一郎先生(一橋大学名誉教授)の記念論文集『美を究め美に遊ぶ-芸術と社会のあわい』(江藤光紀・荻野厚志・田中佳編、2013年7月、東信堂刊)が刊行されました。当研究会の会員等の執筆による論文や河村ゼミOB・OGによる先生の回想録等が多彩に収められています。

 

論文集紹介サイト

http://biwokiwme.seesaa.net/ 

 

amazon.co.jpの紹介ページ
江藤光紀・荻野厚志

・田中 佳編
『美を究め美に遊ぶ

   芸術と社会のあわい』